ライツ株式会社

いい仕事してますねぇ ライツのリフォーム TEL:0120-185-411


HOME
介護リフォーム
施工例
ライツ広告
会社概要
お問い合わせ

介護リフォーム

介護リフォームを思い立ったら、第一に考えたいのが、介護保険制度で受けられる、公的補助を利用することです。当社は、女性の福祉住環境コーディネーターが在籍しています。間取りやデザイン、資金計画などについてのご相談もお受けしていますので、お客様のご要望をお気軽にお聞かせください。

住宅改修の公的補助とは

住宅改修における公的補助は、手摺の取り付けやバリアフリーなどの工事により、要介護の認定を受けた方の自立を助け、生活の質を高めることを目的としています。住宅改修費の支給限度額は、要介護に関係なく、最高20万円(税込)までとなっています。つまりリフォーム費用のうち、20万円までは支給申請ができる訳です。但し、その1割は自己負担となるため実際の保険給付額は、18万円までとなっております。

給付の対象となる住宅改修の例

・ 手摺の取付工事(階段、廊下、浴室等)
・ 段差の解消工事(浴室、浴槽等も含む)
・ 滑り防止などのための床材の工事
・ 扉の取替え工事
・ 洋式便器などへの取替え
  等の工事が該当します。

住宅改修の施工例

浴室の入口に段差があり、床も滑りやすいので何度も転びそうになったとの事でした。この様な段差の解消や、またぎを低くする為の浴槽交換、それに付帯して必要な給湯器の設備工事も、介護保険の対象となります。また寒いタイルのお風呂をユニットバスにする事により、ヒートショック対策にもなります。

介護リフォームが必要なわけとは

安全なはずの家庭で、事故が多発しています!
家の中で事故が起こるはずがない…多くの方はそう思っているかもしれません。しかし、統計的にみても1年間に発生した家庭内の事故死は、交通事故の死亡者に次ぐ多さなのです。
階段を登るのがキツクなった、ちょっとした段差につまずいてしまうなど、加齢と共に身体には、様々な変化が表れます。ですから、万が一の事故を未然に防ぐ為にも、「介護リフォーム」は必要なのです。